北海道・オホーツク・小清水町に移住しています。

イメージ 1

東京に26年、横浜に20年、そして、今住んでいる北海道・オホーツク・小清水町に住んで12年目に入ったようです。最初は何もわからなかったが、今もあんまりよく小清水町のことがわかっていないです。というもの、ほとんどこの小清水町にはいないで他市町村をパソコンやインターネットの訪問出張サポートで歩いていて、この街にいないことが多いからかもしれません。

それでもオホーツクというか、小清水町に魅力が多いこと知っている。まずあげることができるのは「水」がおいしいことです。小清水町の水を飲んだら他の土地の水は・・・。藻琴山からわき出る水は、小清水町を潤いしています。それが水道の水として出てくるからある意味で不思議なことだ思っています。

そして、夏の間、咲き誇る花々は美しい!東京・横浜に住んでいた頃は、花に関心を持つことはほとんどなかったが、小清水町に移住してからは花に関心を持って一生懸命花の写真を撮っているのは、大きな「心」の変化ではなかったかと思います。

そして、何が何だかよくわからない街の小清水町が好きになっているのは事実のようです。

この記事へのコメント