知床、フレペの滝で流氷帯が接近しているのを確認 2016年2月20日(土)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

知床に向かって車を走らせた私たちは知床の海岸線がはじまる日の出で流氷帯を確認しました。しだいに大きくなっていく流氷帯に胸を膨らませました。GVOで恒例の昼食を取ったのちフレペの滝へ向かいました。最初はスノーシューでと思っていましたが、小さな子どもさんがいてスノーシューをはくことができないので、全員スノーシューなしで歩くことに決めました。案の定、道は踏み固められていて、長靴だけでも問題なく歩くことができました。

知床を森を通り過ぎ、フレペの滝の草原地帯に入ると、太い流氷帯が見えてきました。まさに「やった!」という感じです。しかさんたちの大量のお迎えにもあいました。しかがこんなにたくさんいることにも感動して、流氷を見に行きました。流氷は接岸こそしていませんが、大海原をただよっていました。

知床連山もパーフェクトにみることができました。こんな雲のない知床連山をみれるのはとても素敵です!そしてフレペの滝ももちろん見事でした。流氷・知床連山・フレペの滝・鹿・・・最高の姿でみることができました!このような日はこの先あるかどうか・・・!



この記事へのコメント