【斜里町 ウトロ】 流氷ウォークに参加しました! 知床ナチュラリスト協会主催

イメージ 1

神奈川県からいらしたお客様のご希望で「流氷ウォーク」に参加しました。ウトロでは、知床ナチュラリスト協会が主催して流氷ウォークが開催されています。その流氷ウォークの元祖であり、オホーツクのガイド仲間である協会の代表理事の藤崎さんのガイドで素晴らしい体験ができました。

今回はランチをしたカフェ GVOの前の海での開催です。

イメージ 2

藤崎さんが流氷ウォークで利用するドライスーツを準備しています。ドライスーツを着用すれば、たとえ流氷の割れ目に落ちても濡れることはありませんし、流氷の上を歩く寒さもあまり感じません。

イメージ 5

まずはドライスーツの着用です。しっかり手袋もはめます。手袋はウエットスーツの素材を使っていますので、水に浸かるとしみます(^^;

イメージ 6

流氷ウォークに関する注意事項を説明されているガイドの藤崎さん

イメージ 7

流氷が接岸している海に参加者一同入っていきます。最初はおっかなびっくりで・・・(^^;

イメージ 8

エンジンを組んで?流氷に関する説明を聞く一同

イメージ 9

色とりどりのドライスーツはかっこよいですね!

イメージ 10

沖の防波堤のところまできました。この付近はちょっと流氷の割れ目ができています。ここは水深10m以上あります。もちろん足は・・・(^^;

イメージ 11

もっと沖へ行ってみようと言うことになりましたが、流氷の割れ目ができ、上下に動いています。場合に寄っては、氷がはなれて沖に行ってしまう可能性があり、危険があるのでこの先に進むのは断念しました。

イメージ 12

割れ目です・・・

イメージ 3

防波堤の近くに海に入れそうなところがありました。まずはガイドの藤崎さんがシャーベット状の海の中に入ります。流氷のかけらを持って出てきます。参加者に食べてみることをすすめます。流氷はそれほど塩辛いわけではなく、食べてみるとけっこうおいしいです。(参加者談)

イメージ 4

最後は流氷が海に浮いているところに乗り移ってみました。今参加者乗っている流氷には3人ぐらい乗れましたが、その後沈みました。もちろん参加者もいっしょに・・・。

あっという間の1時間半の流氷ウォークでしたが、本当に楽しかったです。

流氷ウォークは、流氷が接岸してて、気候条件等が整っていないと実施になりませんが、貴重な体験となります。ぜひウトロまで行かれるのであれば、流氷ウォークに参加されてみてはいかがでしょうか?

僕が主宰しています。いいたび@オホーツクの流氷堪能ツアーでは、流氷ウォークをオプションとして、メニューに加えることも可能です。いいたび@オホーツクのガイドもいっしょに同行させていただきます。



この記事へのコメント