リサイクルパソコンショップらしく、ジャンクコーナーを用意

イメージ 1

イメージ 2

 パソコンを自作するようになったのは、Windows98になってから・・・ということはもはや15年ぐらい自作パソコンに取り組んでいます。もっとも最近使っているマシンは、DELLに発注していますが、サブで使っている音楽専用のパソコンは自作です。

 自作をしているといろいろな部品が余ってきます。我が家にはそういう自作して余った部品等が実は山のようにあります。過去にはオークションに出品したりしましたが(~~;今はやっていません。だからたまる一方・・・。

 そして始まったリサイクルパソコンショップの仕事・・・リサイクルパソコンショップに行ったことのある方ならわかると思いますが、だいたいジャンクコーナーがあります。いわば不要なパソコン部品が多「ただ同然」のような価格で置かれている場所です。動作するものも多いのですが、中には動作しないものもあります。動作確認しているものもありますが、していないものもあるいわば購入者責任でというやつです。

 リサイクルパソコンビーグル小清水店でもそうしたジャンクコーナーを設置しています。そこには我が家で眠っていた数々の部品を供出しています。ほとんど数百円です。でも中には当時は名器として数万した部品もあり、Windows2000あたりやXPでも使えるものもあります。CPU月のマザーボードもあります。そうしたもの集めてパソコンを一台つくるというのも面白いかもしれません。

 電源コードやケーブルなどはこのジャンク品で十分というケースもあるかと思います。一応掃除はしてあります・・・(~~;

 もちろんジャンクではなくちゃんと動作確認して正規の?中古品として販売している部品も多々あります。

 こうした家の中で眠って?いる部品は買い取りもしています。いろいろな仕事があって、暇なしです(~~;でも面白い仕事です!

この記事へのコメント