仕事に追われて、自分のパソコンの前に向かったのがこの時間・・・

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 写真は昨日の午前中にコンピュータのセットアップに伺った紋別にて撮影したものです。紋別のある水産会社のコンピュータ入れ替え作業の仕事のご依頼を受けての紋別行きです。このところ紋別と釧路への出張が多いのですが、仕事の時間(お客様のところへ到着する時間)が気になってなかなか立ち止まることができていませんでした・・・つまり写真がない(~~;

 今日は予定より早く仕事が終わったので、少しは写真でもと思いながら、カメラを構えると電話が鳴りました。仕事の依頼です。しかも今日・・・。訪問先を聞くと「美幌」というので、受けました。何でも本当は本日新品のパソコンと無線機が届いて、セットアップをする予定のお客様なのですが、何とパソコンも無線機も未着・・・。(これって、Bフレッツの勧誘をした会社の担当者がすべて問題があると僕は思っています・・・さんざん実はひどい目に遭っています)

 そして、さらに問題が・・・というのはお客様宅の電話が通じない・・・とのことなんです。その電話が使えるようにというのがサポート内容・・・。案の定・・・お客様宅に電話をいれると、「この地域で生涯が発生しているか、機器が設置されていない」というようなアナウンス・・・。

 お客様宅に到着すると、マンションタイプのインターネット接続機器(VDSL)がしっかり箱に入ったままでした。機器を設置し、光電話の送受信の確認をして作業は終了・・・パソコンも無線LANの機器がないとなると何もできません・・・(~~;

 お客様はパソコンにもインターネットにもこれが初めて触れるという方・・・。そういう方に単に接続機器を送付しても、どうしたらよいかわからないし、ましてや設置しないと電話がつながらないとうことも理解されていないのはある意味で当然の結果だと思う次第です。

 一軒家へのインターネットの機器(NTTの機器=ONU)はNTTが設置して、動作確認しますが、マンションタイプの場合は、従来の電話回線網を使うので、特に工事の必要がないので、機器の設置は申込者がやるようになっています。これって、実はすごく不親切な話だと思います。

 いくら携帯電話の時代といえども、携帯電話は使わずに通常の電話だけを使っている方もまだまだいらっしゃるわけで、そうした方を配慮したやさしいサービスが必要かと思う次第です。

 その後、網走に行って、ハードディスクのトラブルのお客様のサポート。ハードディスクを交換して、リカバリー作業をと思っていたところ、何とリカバリーディスクは起動するだけで、リカバリーのデータは、コンピュータのハードディスクの中・・・。そのハードディスクに障害が出ているから交換なのに・・・。

 そこで、ハードディスクをまるごと新しいハードディスクにコピーして、そこからリカバリーをしようと思ったのですが、何とリカバリー領域にエラーが出ていて、コピーができない・・・。今試行錯誤をしながら何とか復旧作業をすすめています。

 ネット上にそのコンピュータの動作に必要なドライバー等があればそれをダウンロードして、通常のインストールをすればよいのですが、何とインターネット上にドライバーが掲載されていない・・・ある意味でお手上げ・・・でもあきらめません・・・(~~;がんばります。

この記事へのコメント