【津別町・飲食店】 価値ある「塩ラーメン」 西洋軒

イメージ 1

イメージ 2

 本日は本来なら帯広で仕事が終わってから、いくつか気になっている飲食店がありますので、そこに寄ってみるつもりでした。しかし、仕事がキャンセルになったので、いろいろ考えたすえに・・・津別の西洋軒で塩ラーメンを食べることに決めました。

 帯広から津別までは2時間半ちょっとかかります。お昼の時間にはならず、時間的にはちょっと早い夕食時間的なところになりましたが、我慢して津別まで走った意味はありました。

 津別の水のよさとすっきりした環境を表したいということでこだわった塩ラーメン・・・。今では全国的にも有名だそうで、羽田空港で飛行機に乗るときには西洋軒で塩ラーメンを食べると決めてこられるお客様もあるとのことです。

 「チラシの時代から携帯で調べる時代に変わった・・・でもそうやって来てくださるお客様を満足させたい」といわれたのは西洋軒の二代目・・・。そして、「こんな田舎町でも頑張っている飲食店があることを知らせたい・・・」という三代目・・・今日は西洋軒のお二人からいろいろなお話をお聞きしました。

 実は2代目のお父さんとはバイクで西洋軒を訪ねたときにいろいろお話しさせていただいたことがあります。僕のバイクは未だ持って「横浜ナンバー」・・・ですから「横浜からですか?」ということころから話が始まって・・・。そのときのことは今もお父様は明確に覚えられているとのことでした!

 そして三代目は現在異業種交流会・守成クラブ北見のメンバーです。これからの時代、いろいろな業種の方と交流していくことが意味ある仕事に・・・というわけで、今は中小弱企業の発展のためにごいっしょさせていただくようになりました。

 このブログでは何度か西洋軒の記事を書かせていただいていますが、今は2代目・三代目と仲良くさせていただき、今後もう一歩面白い展開になるのではという気もしています。

 とにかくまず津別に行って、この西洋軒の塩ラーメンを食べてみてください。

西洋軒 [ その他 ] - Yahoo!グルメ



住所: 北海道網走郡津別町字東4条3
営業時間、定休日:
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2010年6月12日時点の情報です。
ID:0000263320


https://s.yimg.jp/images/gourmet/map_blog/img/logo_s.gif

この記事へのコメント