今年期待の北海道産米ですが・・・!!!

イメージ 1

 ゆめぴりか(お米)は、「これまでの北海道米を凌駕する甘みと粘り、やわらかさ。そして、つややかな炊き上がり。 その極上のおいしさから、北海道米ブランドの次世代のエースとして、大きな期待を担う品種です。」(北海道米販売拡大委員会)という期待のお米です。

 しかし、今年の作柄は思わしくなく、出荷できる基準をクリアーした「ゆめぴりか」は非常に少なく、なかなか市場に出回りにくい状況とこのとです。そういうなか、何とか2kgだけ確保して食べてみました!なかなかいい感じです!

 もちもちした感じは、食欲が高まります!

 きらら397の登場以来、それまでくず米といわれた北海道のお米は数々の品種改良と農家の稲作技術の工夫の中本当に味のよい、食感のよいお米が登場しています。今年はちょっと大変な年でしたが、来年以降の作付けに期待をかけたいと思います。

この記事へのコメント