プリザーブドフラワーデザイナーのMICCAさん

イメージ 1

 写真は友人のオホーツク・北見市在住のプリザーブドフラワーデザイナーのMICCAさんに創っていただいた作品です。
 
 「プリザーブドフラワー」というのは、1991年にフランスで発明されたものだそうです。新鮮な生花を使い、その生花を長期間(数年間)保存させて作品にしていくというものです。面倒な水やりの必要もありません、生花の状態を持続させるところがポイントです。ドライフラワーとは見た目も新鮮さが持続されているという点でかなりの違いがあるかと思います。
 
 「魔法の花」ともいわれているこの「プリザーブドフラワー」デザイナーのMICCAさんはすでにYahooブログで「Flower MICCAの日記」を書かれていますが、この度、数ある作品を全国展開でオンラインショップのあるホームページを公開されました。
 
 友人等への贈り物にすると大変喜ばれます。今度のクリスマスあたりにこの「プリザーブドフラワー」を親しい方にプレゼントするというのも良いかもしれません。

 MICCAさんとは北見を中心に活動している異業種交流会の守成クラブで出会いました。こうした芸術活動に力をいれながら地域の素晴らしさを情報発信しているMICCAさんをこれからも応援したいと思います。
 
 ホームページ 魔法の花 アトリエ ブルーム

この記事へのコメント