8月6日という日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 北海道に移住する前、23年間首都圏で教員をしていました。担当は主に社会科の地理。その研修として日本各地を歩き回りました。8月6日といえば広島の原爆投下の日です。

 広島には何度も足を運び、被爆者の方々にもたくさんお会いしました。修学旅行も何度も実施し、いっしょに修学旅行に参加した生徒たちと平和の大切さを感じてきました。視覚に障害のある生徒たちは広島の街を歩き、被爆者の声を聞き、遺品等を触ることで目で見ることできないことをしっかり感じていました。原爆公園で子どもたちが語り、その後戻った宿で述べたことは今も僕の頭の中に鮮明に残っています。

 広島の街とそこで生きている方々から教わった一つ一つのことがらを・・・。

この記事へのコメント