【おすすめのアルバム】 坪倉 唯子 やさしく歌って

イメージ 1

 ひょっとすると「坪倉唯子さんって誰?」と思われる方もいらっしゃると思う。「ちびまる子ちゃん」の主題歌を歌ったB.B.クイーンズというとピンとくる人もおらえると思う。B.B.クイーンズは、近藤房之助さんと坪倉唯子さんのデュオだ。最近はあまり表の舞台には登場されてはいないが、僕は日本を代表する女性ボーカリストの一人だと思っている。
 
 その坪倉唯子さんが六本木のピットインで行ったバスデーライブを収録したモノだ。(1991年リリース)このアルバムは、ここで演奏された曲目と参加ミュージシャンの素晴らしさにすべてが物語れる。曲目はキャロル・キング、ロバータ・フラック、ジャニス・ジャップリン、などなどで、豪華なカバーアルバムと思ったら大間違い・・・。とにかくそれぞれの名曲の料理の仕方だ・・・。素材に依拠してあぐらをかいているどこかの地域とは違って、え?こういう展開できたか!と思わず原曲がわかっているだけにこうしたアレンジで出てくるとさらに食欲がわくというのはこういうことだと思う。
 
 今剛さんならではの味のあるギターに、このバッキングボーカルは!と思ったら山根麻衣さんだし・・・。改めて原曲の良さとあえてバースデーライブでこのメンバーでアルバムを出してしまった坪倉さんに拍手を送りたい。

【出演者】
島村英二・富倉安生・今剛・中村哲・エルトン永田・斉藤ノブ・和田恵子・Yuzuru OKA・杉本和代・山根麻衣・片山圭司・望月衛介・Haruka MURAKAMI・Mami WATANABE・勝田一樹・Hironobu SAWANO・Hiroyuki NOMURA

【曲目】
1,Killing Me Softly With His Song 作詞:ノーマン・ギンベル 作曲:チャールズ・フォックス
2,You Light Up My Life 作詞:ジョー・ブルクス 作曲:ジョー・ブルクス
3,It’s Too Late 作曲:キャロル・キング
4,Midnight In Memphis 作詞:トニー・ジョンソン 作曲:トニー・ジョンソン
5,Half Moon
6,Move Over
7,Time After Time
8,I Feel The Earth Move 作詞:キャロル・キング 作曲:キャロル・キング
9,Out Here On My Own
10,Keep On Rockin’ 作詞:サム・ハガー 作曲:ジョン・カーター
11,Power To The People 作詞:ジョン・レノン 作曲:ジョン・レノン
12,The Rose 作詞:アマンダ・マクブルーム 作曲:アマンダ・マクブルーム

この記事へのコメント