新しいパソコン モニター編 液晶モニターFlexScan S1921-SH

イメージ 1

 DELLで購入した新しいコンピュータに関して、使用レポートをしていきます。第一回目はモニターです。

 新しいコンピュータの購入の際に、モニター(ディスプレイ)も新調した。この間、ノートパソコンは別として長い間、ブラウン管のモニターを使用してきた。ブラウン管ののモニターはずっと三菱製を使ってきたが、今回液晶のモニターをはじめて購入した。機種は、上記に掲載のモニターと同じEIZO(ナナオ)の製品だ。

 ナナオのモニターは以前から定評があるが、今度買うときはナナオとずっと決めていた。その理由は以前、盲学校の教員をしていたときに、視力の低い生徒につきあって丸半日、新宿のヨドバシカメラで展示されている液晶モニターをいろいろ見て回った。

 その生徒は、それまでブラウン管のモニターを使うときは、表示される文字を拡大しても21インチのモニターでないと文字を理解することができなかった。視野が狭いのでそれ以上大きいモニターだと全体がわからなくなってしまうので本当はもっと小さいモニターがよかったのだが・・・。

 しかし、液晶モニターのほうが見やすいということはわかっていた。本当にいろいろな機種をみた。そんな時このナナオのモニターに出会った。何と15インチのディスプレイで文字の判読ができたのである。15インチであれば視野の狭い人でもかなり全体像が把握できる。

 そのモニター選びからすでに4年たっているが、今回ついに僕もナナオのモニターになった。やはり見やすい。そして目が疲れない。僕の右目は事故で視力が0.02だがその右目でもちょっと文字を拡大するとかなり見える。モニターの実力がここに現れているかと思う。

 僕のように仕事でコンピュータを使う立場からすると、どうしてもモニターを見る時間は長い・・・。健康管理という点でもこうしたモニター選びは大事だと思う。

 19インチの画面はやはり広いです。同じこのYahooのブログを見ても、別のサイトを見ているような気がします。

 このモニターには小型のスピーカーがついています。このコンピュータで音楽を聴くことはないと思いますが、Web等を見ていて音声がでるところもあるので、そうした時にちょっと音が出るのは便利です。ちなみに音楽は別のマシンで聴いています。このマシンは昔持っていたオーディオのセットよりはるかに音がよいです。

この記事へのコメント