ようこそ、小清水町へ! 友人が移住してきました!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 このブログでもご紹介してきましたが、10年間に渡って移住を考え、今年に入って4度目のオホーツク訪問で移住を決められたNさんが、いよいよ本州の日本海側の地域から移住されました。

 昨日、到着し、今日は役場に行って、転入届を出されました。晴れて彼も僕と同じ町の住民となりました。転入届、印鑑登録、国民年金の手続き、水道の手続きなどをした上で、総務課で土地購入の申込書の記入を行いました。

 購入する土地は町の分譲地で、6月一杯で応募を締め切り、応募者多数の場合は抽選だったのですが、彼のみの応募だったそうです。(今回の募集では彼が初めての応募で、真新しい書類に記入をしたことになります。)

 水道は町営の水道なので、都会のような水道局のようなものはなく、役場が直接担当しています。

 その後、当面の仮の宿となる新居に向かい、ガスの手配等をした上で、周辺の案内をしました。彼の新居は僕の家より斜里側なので、買い物等は斜里の方が近く、斜里を案内することになりました。知床斜里駅の周辺は昔からの商店街があり、町らしい雰囲気です。大型の店舗が最近国道に展開しています。彼の新居は多少なりとも補修が必要なので、補修に必要な資材などの購入はこちらですることになります。

 今後、当面住めるようになるまで、いろいろな作業が必要なようで、できる限りのお手伝いをしたいと思っています。

 彼の移住で町の人口も増えたことになります。

この記事へのコメント