ムラサキツユクサ(紫露草)

イメージ 1

イメージ 2

 ムラサキツユクサは、北アメリカ原産の園芸植物だそうです。一日花なのですが、次々と花をが咲いていくのでその実態がわかりにくいは花のようです。長期間、花が手にはいるので、染色体が電離放射線によって変異を起こしやすいことから,放射線を扱う施設の庭などにこの花を植えるということをどこかで聞いた記憶があります。
 
 ムラサキツユクサの話題をネット上で見ていると小清水原生花園でみたという話が多いです。僕も何度か確認しています。小清水の原生花園は、我が家から約4kmで徒歩でも行ける場所にあります。今は、閉鎖されていて入ることはできませんが、駐車場等に覆われていた雪は今はなく、あと1ヶ月ちょっとすると原生花園の中に入れるようになるのではないかと思います。

【写真は、5月の原生花園】

この記事へのコメント