◎新品 エレキギター ギブソン Gibson Custom Shop Historic Collection 1964 ES-335 Reissue VOS 60s Cherry

◎新品 エレキギター ギブソン Gibson Custom Shop Historic Collection 1964 ES-335 Reissue VOS 60s Cherry

2022_1108_006.png
2022_1108_007.png
2022_1108_008.png
2022_1108_009.png
2022_1108_010.png

▶ 楽天市場でも最近は目立って提供が少なくなってきた「ES-335」です。これはビンテージモデルです!満を持して登場!スモールブロックインレイに尖ったホーン形状、ナイロンサドルといった1964年の仕様を忠実に再現した1964ES-335TDC。エリック・クラプトンがクリーム時代に使用していたCherryのES-335はこの時代のものです。2020年NAMM Show発表のニューモデル!

■商品の説明

  • 1958年の生産開始より現在に至るまでロングセラーとなったES-335。
  • 元祖セミアコースティックギター(以下セミアコ)であるES-335はそれまでに普及していたフルアコースティックギター(以下フルアコ)にセンターブロックを追加した構造となっております。
  • この時代はすでにLes PaulModelをはじめとしたソリッドのエレキギターが台頭してきておりました。
  • ソリッドのエレキギターは大音量で演奏してもフィードバックしないという利点から多くのギタリストが取り入れはじめました。
  • しかしフルアコのような温かみのあるサウンドを望む声も多くその後もジャズシーンをはじめフルアコは製造が続けられました。
  • セミアコはまさにフルアコとソリッドの良いところを合わせ持つギターなのです。
  • 追加されたソリッド・メイプルのセンターブロックによりフィードバックへの耐性が向上。なお空洞も備えるためフルアコ譲りの温かみのあるトーンも得られます。
  • こうしてES-335はその後、広がり続ける音楽シーンを予見していたかのように様々なジャンルのギタリストに選ばれる名機となりました。
  • この度入荷したES-335はギブソンの最高峰、ナッシュビル・ファクトリー製の一本です。
  • 1964年の仕様を再現したこちらのモデルは先の尖ったホーンに60年後期から採用されたショート・ピックガードといった伝統的なスタイルを持ちます。
  • ペグはこちらも60年後期から採用が始まった2コブのクルーソン・デラックス。スモールブロックインレイは62年中期からの仕様です。
  • ネックグリップは60年代中期のミディアムCシェイプ・ネック。
  • ルックスはもちろんのことですがサウンドも素晴らしい一本です。
  • 近年のギターは大半がボンドによる接着を行いますがこちらは指板の接着、セットネックのジョイント部、センターブロックの張り合わせにニカワ接着を採用しています。
  • この伝統的な接着材は木材同士を強固に接着するため振動の伝達性に優れ、いわゆる「鳴り」のよい楽器に仕上がります。
  • ただしニカワ接着は高い職人技術が求められるため大量生産には向かず、一部の上位モデルのみにしか採用されていません。
  • 以前のモデルからさらにブラッシュアップされており、よりオールド・ギブソンに肉薄しています。
  • 話題をさらった"60th Anniversary 1959 Les Paul Standard"からの仕様も盛り込まれています。
  • ヘッドのロゴは60年代までのギブソンを思わせる形状となり、クラウンインレイも同様に当時のデザインに近づいています。
  • また、トラスロッドカバーも白黒2プライの比率が正確にされておりヘッドを見るだけでも完成度の高さが伺えます。
  • ピックアップはすでに定評のあるCustombuckeを搭載。
  • マグネットにはAlnico3が採用されており甘いサウンドが期待できます。
  • もちろんヴィンテージP.A.F.同様ポッティング処理はあえて施されていません。
  • コンデンサはヴィンテージタイプのペーパーオイルコンデンサになりさらに一歩オールド・ギブソンに近づきました。
  • ギブソン最高峰のカスタムショップ、ナッシュビル・ファクトリー製のES-335。
  • 最高の一本です。

■価格と商品の購入先(楽天のサイト)

この記事へのコメント