■僕がいってみたいオホーツク周辺の地域は、タウシュベツ川橋梁!

上士幌町にある糠平とタウシュベツ川橋梁は、今までに訪問していないところです。

2022_0723_026.png

2005年にやったカーナビ調査を目的とした「交差点調査」では、全道の西側を対象としていたのですが、コースには「糠平とタウシュベツ川橋梁」は圏外ということで入っていませんでした。

その後、いろいろ行く機会を探っていたのですが、なかなかその後のIT訪問出張サポートの訪問地などともかすりませんでした。

そこでこれは独自に「糠平とタウシュベツ川橋梁」を目的とした訪問を考えなければならないことに結論づけました。そして、「糠平とタウシュベツ川橋梁」をキーワードとして、Webをあちこち見ているのですが、独自に出かけるのであれば・・・

タウシュベツ川橋梁に行く方法

「道の駅かみしほろで林道ゲートの鍵を借りて、自家用車で行く。』というコースが考えられます。

「林道ゲートの鍵を借りる」ことは、十勝方面から糠平の手前の「道の駅かみしほろ」でやることはわかりました。要点はWEB手続きによる事前予約のみ(1日10個限定)なのだそうで、「タウシュベツ川橋梁 林道ゲート通行鍵」のページにアクセスしてする。そして、タウシュベツ川橋梁に行く当日に「道の駅かみしほろ」で、鍵を借りる時に、協力金(1,000円)を支払うことのようです。

協力金とは「たくさんの方がタウシュベツ川橋梁の見学を安全に楽しんでいただくために「協力金」のお願いをしています。受付時にお支払いください。「協力金」は維持管理等運営経費として使用します。鍵を利用してタウシュベツ川橋梁を見学される場合は、必ず納入願います。」とのこと。※ことです鍵の貸し出し期間は4月29日~10月末日を予定

では、「いついくか?」という問題が出てきます。

上士別町の該当するホームページを見ると「ダムの水が少ない1月頃から凍結した湖面に姿を現し、水位が上昇する6月頃から沈み始め、8-10月頃には湖底に沈みます。」となると今の季節は微妙です。思い切って来年の4月にいくのが良いのではないかという気がします。

それとも一番良さそうな1月から3月の冬季に「有料の湖上横断タウシュベツ橋ツアー」を利用するかだ!同じホームページよるととこれは「タウシュベツ川橋梁に通じる林道ゲートは、冬季間は除雪が入らないため閉鎖となります。冬季間に橋を近くでご覧になりたい方は、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターまでお問い合わせください。(有料の湖上横断タウシュベツ橋ツアーを実施しております。)」とのこと・・・。

NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターのガイドツアーはいろいろあるが、なかなか面白そうで、これも魅力です。!

2022_0723_027.png

正直迷ってます。

この記事へのコメント